さらにもうふとっつ!

 ノンコさんが書いてくれたもののほか、今回の芝居に欠かせないものとして、S浦氏の作る音楽がありますが、昨日、その音録りをしました。

 遮音設備のない、窓を完全に閉め切ったうだるような稽古場で、ある人はタオルを首に巻き、ある人は扇子でパタパタしながらの音録り。いよいよ佳境にさしかかり、さあこれからというとき、外から鉦の音とともに子供たちの賑やかな歓声。そっとのぞいてみると、裃を着けた神職を先頭に、近くの神社のものと思われる御神輿行列が近づいてくるではありませんか!そして、その集団は我々の稽古場の真下で小休止し、オヤジたちはプカプカ一服を始め…。ワイワイガヤガヤ、ハッハッハッ…。

 ムムムム…。いいんだけれども、あんまり長居さねえで、早く、どこぞさ、行ってけろ。頼むじゃ!パンパン!(二礼二柏手一礼)

 すると、効果てきめん。おもむろに立ち上がった一行は、整然と行列を作って立ち去り、無事音録りも終了しました。

 そんなこんなで、今回の芝居では、お色気シスターズ(キンタさん、大丈夫?)が奏でる至福の歌声がその冒頭を華やかに飾ります。みなさん、どうぞお楽しみにね!
 (あのね、そのほかにも、哀愁に満ちた男?の渋い歌声?も何曲かかかる予定です。)
[PR]

by taiyonihoeru | 2012-09-17 12:37 | 稽古場から  

<< ☆ごっつぁんです☆ またひとつ >>