そしてあなたもいなくなった


こんばんは、佐々木です
割り込み&こんな時間にすいません。
しかも今回は少しばかり長めです。
よろしければお付き合いください。




読書好きな方はこのタイトルにピンと来たかも知れませんね。
今回のタイトルのヒントはアガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」です。



タイトルって、大事ですよね、
本、芝居、映画、芝居、ドラマ…、タイトルひとつで
「こんな感じの内容かな」
「これ面白そう」
「(内容を知り)こんな意味だったんだ」
「結局タイトルの意味は?」
エトセトラ、エトセトラ。


私はブログを書くに当たって、できるだけ内容、もしくは今回のお芝居に関連づけたタイトルにしています、
例外はありますけど。



私が好きなタイトルの付け方は、最後まで見きってから、
「ああー、だからこのタイトルか!くっそー!ニクいな!」
って思いながらタイトルを見つめてしまう、そんな付け方です。



さて、
「大洋にwhale!」
どうですか、見るだけでわくわく、興味が湧いてきませんか?

そしてまさに私の好きなタイトルの付け方なんです!
この芝居は!
皆さんにはこの「ニクいな!」って、終演後、充実した気持ちでもう一度タイトルを見つめて欲しい、そう思います。




こんなナイスなタイトルつけるなんて、流石まこぶさ…



おや?
私の心の中の北魚さんが「あんま褒めれば駄目だよ」と仰いました。
それにいい加減「タイトル」という文字もゲシュタルト崩壊してきたので、今回はこの辺で。








「人を愛したり、子供を慈しんだり、群れをなし社会を作ることは人間性ではない。むしろ、我が子を殺す意志こそが人間性だ。あらゆる芸術は、この反逆に端を発しているのである。」
(有限と微少のパン THE PERFECT OUTSIDERより)

芸術って、なんてロックなんでしょう!


この抜粋紹介はもちろん蛇足です。
私が紹介したかっただけで、タイトルには関係ございません悪しからず。


ではまた次回!
[PR]

by taiyonihoeru | 2012-09-04 03:27 | BBBのつぶやき  

<< 一生懸命やること 人生うっちゃり猫だまし >>