すれ違いの一コマ

ども、北魚です。

公演にはお金がかかるんですよ~(汗)
公的補助金などを受けない僕たちは、
この盆中も協賛集めに精を出しています。

だから、衣装や小道具などは
みんなで作ったり持ち寄ったり、
ツテを頼って探したりするんですが、
それでも用意できないものは、
安いものを探して買うことになります。

そんな時に衣装で頼るのは
安さが売りの「しま○ら」。
昨日ある物を買いに行った時のこと、
若いおねえさんに領収証をお願いし、
レジから宛名のない領収証が出ました。
最近よくあるこのパターンですが、
領収証の正当性の観点から北魚は、
いつも店の方に宛名を書いてもらいます。
北魚『宛名を書いてもらえますか?
僕が書くとちょっとアレなんで…』
店員『ではこちらのメモ紙に宛名を
書いてください』
※北魚が書いたメモ紙を見たおねえさんが…
店員『なんだ、字上手じゃないですか』
北魚『!?…ハハハハハ…(汗)』

決して感じの悪い店員さんではなく、
おねえさんの上から目線に
怒った訳ではありません。
なるほど、そんな解釈もあるのかと。
人に伝える難しさを実感しました。
[PR]

by taiyonihoeru | 2012-08-16 15:44 | BBBのつぶやき  

<< 一日千秋 追伸:宿題のすべて >>