その成り立ちと現在。

-ごめんね。全部お芝居だったの。-

 所長ナカダイタツノコが、浪人時代の恋人「ミホちゃん」の別れの言葉を信じられず、彼女が再び訪ねてくることを夢見て開設した恋愛相談事務所。
 以来30年余、彼女が現れることはなかったが、その一途な人柄を耳にした、巷では相手にされない特異な相談者が徐々に訪れるようになる。相談者の心情にほだされ、相談料を受け取らないことも多かったため、綱渡りの経営が続いていた。
 5年前、「ミホちゃん」の死を契機に、遂に事務所を閉鎖。
 現在、元新入社員のチャールズヨネゾーが、その再開に向け奔走中。

<モットー>
 恋こそドラマ、人生こそ恋、恋こそ永遠のテーマだ!

<座右の銘>
 精力善用、自他共栄

<沿革>
 1976年 4月 1日 八戸市小中野「旧旭商会」に「床ノ間恋愛相談事務所」開設
 1987年 3月28日 事案処理のため、陸奥白浜営業所開設
        3月31日 床ノ間恋愛相談事務所閉鎖
 1988年 4月 1日 青森市油川「イタリア館」に「床ノ間恋愛相談事務所油川支店」開設
 2007年 9月21日 事案処理のため、大浜出張所開設
 2008年 3月31日 床ノ間恋愛相談事務所油川支店閉鎖

<主な相談実績>
 1987年 3月 「陸奥白浜殺人事件」  相談者 八戸市在住 イカ釣り漁師 25歳
 2007年 9月 「油川大浜殺人事件」  相談者 青森市在住 鰯漁師 39歳

<メンバー>
 所長       ナカダイタツノコ
 秘書兼事務員 キンタマニコ
 所員       チャールズヨネゾー
 出入り業者   タマニシキハルヒコ
[PR]

by taiyonihoeru | 2012-07-23 21:31 | 床ノ間恋愛相談事務所とは  

<< 衣装と稽古場近況 ロケハン記⑤~よぎる鯨のかまり~ >>